大概の保険会社は至れり尽くせりと広告を行っていますが自動車の事故をしてしまった状況で完璧にちゃんと処置してくれるか心配ですよね。ことさらネットで加入する事が出来る通販型と称される店舗を持たない自動車保険の会社では直接対応していないという状態も心細くなってしまいそうです。とは言っても、ダイレクト自動車保険と実際に店が整っている自動車保険の対策に大きな隔たりはありませんし、ダイレクト型自動車保険のほうが経費がかからない分月々の掛金が下げられるので車での事故に巻き込まれなければ掛金を低くすることが可能です。じゃあ保険屋さんが異なることで対応に優劣があるのかないのかどうかといえば、ノーとは答えられません。その優劣は店舗型自動車保険ダイレクト型自動車保険というような差異ではなくそれぞれの車の保険会社によって事故対応をしてくれる時間帯や日付が異なることによります。自動車の事故はどんな場合で発生するか分かりませんので事故の受付は24時間応じてくれるのは必須条件でありますし、その上で土日や夜遅くにその事故対応がきちんきちんとしていることを確認することが重要です。業者によっては、どんな時も事故対応という条件でも事故の受付時間が平日と休日で異なっていて短い場合もあったりしますのでチェックを忘れてはいけません。さらに、万が一を考えて車の保険会社の事故処理拠点も知っておきましょう。どれだけ大きな会社でも処理拠点が遠くにしかなければ対応がすぐに行われない場合もあったりしますので、家の近くに事故拠点が存在するかを事故処置の差異を評価する材料のひとつです。それなりの保険会社は区間ごとに対応拠点を保持していることが多くあるので必要なときの対応も優れていて現場で行わなければならない対応にもきちんと指示をしてくれると評判です。